家づくりの流れ

  1. お問い合わせ
    メール、もしくはお電話でお問い合わせください。

  2. 打ち合せ
    ご来社していただき、お客様のご希望をお伺いします。
    (モデルハウス、お施主さん宅の見学会などもございますのでご相談ください。)
  3. お見積り、資金計画等の概算
    プラン、お見積りと自己資金、ローン借り入れ可能金額等お伺いし資金計画の概算を出します。
  4. 物件・土地探し
    物件・土地をお持ちでない方の場合は不動産紹介(仲介部)でご紹介致します。
  5. kaiぷらんにんぐと仮契約
    以降の設計作業は有料となります。
  6. 建築請負仮契約

  7. 地盤調査
    ・基礎工事の為の地盤調査
    ・敷地を測量(高低差、大きさ、形など)
    ・電気、ガス、上下水道の引込みの確認
    ・登記簿、用途地域の法的規制の確認
  8. 詳細打合せ
    外装・間取・内装・台所・お風呂などの細かい打合わせ、ショールームめぐりなど。
  9. 詳細見積提出
    確定したプラン、設計を元にお見積りをいたします。
  10. 重要事項説明
    宅建業法35条1項1号から14号に基づき、内容をご説明いたします。
  11. 住宅ローンの申込
    必要書類を準備し申し込みをします。
  12. 請負本契約
    プラン、設計確認をして頂き本契約となります。
  13. 建築確認申請の提出
    建てる予定の家が建築基準法等に適合するか、各市区町村の確認を受けるための申請書を提出します。
  14. 最終仕様決定
    着工前に仕様を決定します。
    契約時と差異がある場合には追加・変更契約をし、工事金額を清算します。
  15. 解体工事
    古い建物がある場合は解体作業をします。
  16. 地鎮祭 📷
    敷地が更地の時に地鎮祭を行います。
    【地鎮祭とは】
     地鎮祭は家の建築工事が始まる前の催しのこと。土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式です。
  17. 着工 📷
    ・地縄張り
    ・遣り方
    ・配筋工事
    ・コンクリート打設
    ・足場仮設設置
  18. 基礎工事
    建物を支える土台で家と地盤をつなぐ部分を基礎と言います。地盤に問題があれば地盤改良をします。
  19.  📷
    家の柱などの骨を組んでいきます。建て方が終わり、建物最上部に配される棟木(屋根)が掛かったら上棟式をします。
    【上棟式とは】
     木造建築で家を建てる場合、柱や梁を組み立てた後、屋根の一番高い位置に棟木(むなぎ)という横架材が取り付けられることを上棟や棟上げといいます。上棟式は無事建物が完成することを願い、上棟できたことを工事関係者と一緒にお祝いする場で、棟上げの際行う式典のことです。
  20. 中間検査
  21. 工事完了
    完了検査を行い、検査済証の交付を受けます。
  22. 完成・引渡し
    建物が契約どおりになっているかどうかをお客様と設計士、工事責任者が立ち合い図面通りの仕上がりか竣工確認をし、登記の後、お家の鍵をお渡しします。
タイトルとURLをコピーしました